忍者ブログ
明太子とたらこになぜかハマってしまいました。 小さい頃から身近に明太子がある環境で育ったせいかもしれません。感謝をこめ明太子について詳しく記事を書きます。
 9 |  8 |  7 |  6 |  5 |  4 |  3 |  2 |  1 |
Posted : 2017/10/17 08:39
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝鮮半島では、古くから
スケヨウダラの卵を塩漬けにしたものを
食べる、という文化が発達していました。


そして、それ食べ方はさらに進化。


1800年代に入ると、
韓国では、細かく刻んだ唐辛子と一緒に塩漬けするのが
常識、となっていました。
さすが、キムチ文化の国、ですね。

これを日本に広めたのが、
日本人の樋口伊都羽。

それまで、漁師の人しか食べていなかった明太子の
商品化に成功。大々的に売り出しました。

その後、韓国の釜山にて、明太子の製造元祖での
商標も獲得し、販売を続けました。

ちなみに、この時に辛子明太子は、
唐辛子をまぶした明太子でもなく、調味液に漬けこんで作ったものでもなく
あくまで、唐辛子入りの塩漬けの辛子明太子です。

PR
Admin / Write / Res
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Copyright ©  明太子mentaiko  All Rights Reserved.
*Material / Template by tsukika  *忍者ブログ [PR]